toggle
2012-11-20

【百年文庫】浅間おろしとモグラとひつじ

森の向こうにある牧草地まで見渡せるようになりました。
落葉して、日中はやわらかい日差しが降り注ぎます。

あいだが空きすぎて定点観測とは呼べませんが、状況を伝える1枚。


20121120_b01.jpg

日向にいると幸福感に包まれます。
しかし、ガラス戸越しに見るのが条件です。

なぜか。

20121120_b02.jpg

浅間おろしが吹くから…。

この写真は、スウィートグラスにシェフドチキンを届けに行く際、ルオム近所の牧草地から撮影。
浅間の雪が解けるまで、風は冷たいままです。(つまり5月まで…)

(浅間の絶景を写した写真展【浅間山168景】は、今月末日までですヨ)

寒さにめげず、毎日よく働いているのはこのひと。

20121120_b03.jpg

いつみても、モグラ塚の数が増えている。
トンネル工事がはかどっている模様。

で、寒さにめげず、寝て食って遊んでいるのはこのひと。

20121120_b04.jpg

不貞腐れた顔をしていますが、今日のご機嫌はまずまずでした。

以上、初冬のルオムの森からお伝えしました。

ユウキ

 

タグ: