toggle
2012-11-30

アッシ・パルマンティエ

ん??
アッシ・ほにゃらら~

アッシ・・・ 足?
アッシ・・・ 「あっしはねぇ~」(江戸っ子??)
な訳はありません。。。

【アッシ・パルマンティエ】
じゃがいもを使った フランスの家庭料理で、
『アッシ』とは、“細かく刻んだ”
『パルマンティエ』は、ジャガイモをフランスに伝え、普及させた人の名前。

この料理、簡単に言うと、お肉とジャガイモの重ね焼き。もしくは、グラタンみたいなものです。

寒くなると、もちろん鍋も恋しいですが、オーブン料理も楽しい季節。
薪ストーブレストラン 厨糸平(くりやいとへい)では、
なんとこの「アッシ・パルマンティエ」が日替わりのランチコースに登場です!!

じゃぁーーーん!!
それが、こちら。

アッシ・パルマンティエJPG.JPG

フランスでは、じゃがいもがたくさんあるなぁって時、
ポトフを作り過ぎちゃった時、かたまり肉の料理の次の日などに、お肉を細かくして玉ねぎなど野菜と一緒に炒め、
マッシュポテトをのせてチーズと一緒に焼く、伝統的なお料理です。

ルオムの森・宮城シェフの「特製アッシ・パルマンティエ」は、
信州ハーブ鶏のもも肉をじっくりコンフィに仕立て、ふんわりジャガイモのマッシュと数種のきのこを層にして、
チーズをかけて焼いています。
赤ワインとカシスのソースでお召し上がりください!

オーブンから出したときに、気持ちがぽっとあったかくなる、
そんなひと皿です。

窓から冬の景色を眺め、薪ストーブにあたりながら、
シェフの「アッシ・パルマンティエ」ランチ♪ いかがですか♪♪
軽めのワインにもよく合いますよワイン
なんてね。

はせ。