toggle
2013-01-07

【ルオムの森】香木

昨夜からの冷え込みで、手・足・耳・鼻がちぎれそう(もしくはもげそう)なくらい寒い店内。
誰かの指示を待つまでもなく、先に来た人が薪ストーブに火を入れます。

いつもと変わらぬ朝の風景。

種火を熾し、よく乾いた薪を入れる。
しばらくして様子を見に行くと…

あたり一面によい香りが漂っていました。
焦げ臭いとか、煙いとかを揶揄しているわけでなく、心改まるような高貴な匂いなのです。
お線香の匂いにとてもよく似ている…(しかも高価なやつ)。

余所で焚いた線香のような遠さはなく、もっとダイレクトに香っている。

…何を燃した??

2013010701.jpg

分かりづらいですが、写真中央で炎をあげているのが問題の薪。
それ以外に2本入っていますが、いずれも普通の匂いしかしない。

こんな寒い地域の火山帯で、白檀なんぞ生えるわけがない。
いずこよりやってきたのか、もしかしてとても有難いものだったのか…。
本来ならば仏像にでもして祭らなきゃならないような物だったかもしれない…。

小心者なのでちょっと緊張しながら様子をみましたが、何の変化もありません。
(罰もあたっていません。午後2時48分現在)

おかげで(?)厳かな午前中を過ごせました。

※浅間高原の植生に詳しい方で、線香のような匂いのする木をご存知の方がいたら教えてください。
もしかしたら木ではなきて、キノコや虫が付いていた可能性もあるかも…

ユウキ

ルオムの森
〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1984-43
0279-84-1733
定休日 水・木
open 10-16(LO15:30)