toggle
2013-06-11

【百年文庫】新しいなかま

百年文庫単体の話題をあげるのは、どれくらい久しぶりのことでしょう…
お伝えしたいニュースはたくさんあるのですが、追いついてきません。

追いつかな過ぎて開き直ったワケじゃありませんが、直近の話題から紹介していきます。

2013061105.jpg

多肉植物にお熱をあげている人ならご存知かもしれません。
『リトープス』といいます。アフリカ原産の石に擬態する植物。

何がすごいって…

脱皮します。
注:植物です。

最近仲良くなったお友達から頂きました。
この時期ならすでに脱皮は終わってそうですが、5つある内の真ん中のがこれから脱皮しそうな気配。
とても個性的で、どれも顔が違うリトープス。秋口にはきれいな花が咲く。

リトープス以外にも、

2013061106.jpg

…書こうとして気付きましたが、名前をど忘れしております。なんてこと…
そこいらでも見かける、黄色い花を咲かせる野草の仲間。
木のように育つそうで、日の当たるところに置いています。
いまはまだヒョロっとした少年のようです。

植物以外にも、やってきました。
ウーパールーパー。

2013061103.jpg

色白美人なアルビノ、

2013061104.jpg

健康的な黒。

水が汚れてしまっていてすみません。
早いとこ彼らの家となる水槽を用意してあげようと思います。

彼らは戸隠からやってきました。
現在、戸隠地質化石博物館では、ウーパールーパーの里親を募集しています!

<戸隠地質化石博物館の日記より抜粋>

1 死んだあとまで大切に世話できる

(ここでは骨格標本にしますが、埋葬も含みます

2 博物館まで入れ物をもって取りに来られる

3 夏 飼育水温が25度以上に上昇しないようにできる

以上の条件をクリアできる方は

026-252-2228までご連絡ください。

ちなみに 3 については

博物館での飼育経験からの数字です^^;

個体のよってはもっと耐えられるかもしれません。

 

 

 

 

詳しくは、戸隠地質化石博物館の日記をご覧ください。 
この博物館、観覧料200円で観てもいいのかとこっちが恐縮したくなるほど面白い所。
展示の内容もさることながら、学芸員が熱い。ともかく熱い。
7/20からは草木染の展示が始まるそうで、こちらも楽しみです。