toggle
2013-07-21

ルオムのキキキ~森で暮らす~かまどをつくってごはんを炊こう「日干しレンガづくり」

今日は、森で暮らすワークショップの日でした。
会場となっている広場に向かうと、立て看板が付いています。

2013072101

ルオムのキキキ ~森で暮らす~
かまどをつくってごはんを炊こう!「日干しレンガづくり」編。
※このイベントは、レンガづくりのあと、「かまどの組み立て」「かまどの仕上げ」「かまどで新米ごはんを炊こう」と続きます。

看板の向こうの様子を覗いてみると…

2013072102

意外と地味です。
どんなことをやっているのか、さらに近づいてみますと…

2013072104

四角いたらいのようなものに藁と泥を入れ、かき混ぜます。
某知育菓子「ねるねるね〇ね」の、食べられない大人版のような感じ(全然伝わりませんね。ごめんなさい)

かき混ぜているのは、体力十分な若い男子。
このレンガの素をせっせと作らないと、他の人たちの作業が止まってしまう。
そのため、馬車馬のごとく働けるだろう若い男子がこの役に就きます。

2013072103

例の「ねるねるね〇ね」のようなものを、型に入れ、均します。
そして外枠を外し、レンガ乾燥小屋に陳列。

2013072107

こうして並べてみると、ちゃんと組むことが出来るのか不安になる崩れた豆腐のようなものも…
やり直しの声が掛からなかったので、きっと何とかなるのだと思います。

2013072106

写真で撮ってもあまり「華」がないのですが、土を弄るというのはそれだけで童心スイッチの入る作業です。
皆、黙々とレンガの素を木枠に入れ込み、均し、外枠を外して、並べる。

集中のあまり、ヤブ蚊の攻撃にも無防備。

2013072105

刺されっ放しでいるのも癪なので、ストウリで販売中の「菊花せんこう」で対抗。
「アロマで防虫」が売り文句のこちら、おばあちゃんちで過ごした夏休みの匂いがします。
(洋館2階『百年文庫』で試燃しておりますので、嗅いでみたい方は2階までどうぞ)

必要数である200個を作り終え、本日の作業終了。

2013072108

え!!参加したかったのに!…というアナタ。

日干しレンガ作りは終わりですが、今日作ったレンガでかまどを作り、秋には白くツヤツヤ光る新米を炊きます。
次回は、8月25日(日)のかまど作りです。
北軽マルシェ 晩夏祭の2日目でもありますので、楽しみにお出かけください。

ユウキ

タグ: