toggle
2014-01-13

本読みの小旅行 00002.PAPERSKY no.39「CLEAN」

00002

15年ほど前のこと。
インドに行ってみたくて、寝ても覚めてもインドに浸っていた時期がある。
清濁混沌としていて、人の生死を見守るガンジス川や、裾翻るサリーの鮮やかな色彩を、見てみたかった。
藤原信也の『印度放浪』で目を奪われたのは、道端の写真だったか、川の写真だったか。いずれも清潔とは縁遠い風景だった。

かつて私が憧れたようなインドは、PAPERSKYを見ても見当たらない。
古きを残したモダンなホテルや、注目のインドワイン、アラビア海を望むビーチリゾートといった「クリーン」なインド。
カラダにいいローカルフードや、アーユルヴェーダにヨガ。読んでるこちらが自動的に浄化されそうな内容だ。
経済的にも著しく発展を遂げるインド。新しい彼の国を覗いてみるのに、この号はもってこいかもしれない。

「PAPER SKY no.39」(ニーハイメディアジャパン 刊)
<書物空想旅行>

【本読みの小旅行】バックナンバー
00001.ニューせんだいノート

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)