toggle
2014-05-12

本読みの小旅行 00018.博物誌

家族で夕飯を食べている時に「カマドウマ」の話題が出た。
「竈馬(カマドウマ)」というのは、北軽界隈ではお馴染みの虫で、じめっとした湿気っぽい場所を好み、コオロギの類に似た外見を持つ。便所コオロギとも呼ぶ。
似ているのは外見だけで美声を持たない。無害ではあるが、あまり好かれることのない虫だ。

で、そのカマドウマの話。
風呂場にて闊歩する彼らを観察したと父が言う。
お湯などで流してしまおうとすると、敏感に察知し、自慢の脚に物を言わせて浴槽の壁面などを使った俊敏な三段跳びを披露する。
元祖コオロギに、あんな技できようもない。無駄に立派な脚を持つカマドウマならではの体技だ。

話はそこで終わらない。

三段跳びで追手(湯)から逃れ、着地したところで見せる表情がハイライト。
長くよくしなる鞭のような触角を、それはそれは悠然と振り上げ、凛として上に向けた(ように見える)顔には、「野生の誇り」が見て取れる。

父のカマドウマ観察話を、母は半信半疑で聞いていたが、私は疑わなかった。
何故ならば、私も風呂場で同じようにして、野生の誇り的表情を確認していたからだった。

00018

ここまで長く引っ張りつつ、今日紹介するのはルナールの『博物誌』。
前述したカマドウマのような話がわんさと登場する。
例えば…
(「雄鶏」から引用)雄鶏はすべてに浪費家である。処きらわず、恋の句点を打ちまわり、ほんのちょっとしたことに、金切声をあげて凱歌を奏する(引用終わり)とか、
(「孔雀」から引用)意気揚々と、インドの王子然たる足どりで、彼はそのあたりを散歩する。新妻への数々の贈物は、ちゃんと自分の身につけて持っている。愛情がその彩色の輝きを増し、帽子の羽根飾りは竪琴のように震えている(引用終わり)

…といった具合で、ルナールの観察眼と文才に唸らされる。
読後は、身近な虫や動植物を違って視点で見るようになっているかもしれない。
対象物である彼らに近づいて、よくよく見ていると、仕草や表情に驚かされる。半ばこちらの思い込みもあるけれど、そんな想像も含めてとても面白い時間が過ごせるようになる。

「博物誌(新潮文庫)」(ルナール 作、岸田国士 訳、新潮社 刊)
<日常スパイス>

00017.作家の猫
00016.花の詩集

00015.アラスカ 永遠なる生命(いのち)

00014.旅をする木
00013.雪の絵本

00012.なぜ私はこの仕事を選んだのか

00011.わの会の眼
00010.歴博万華鏡

00009.魂のいちばんおいしいところ
00008.ことばの力
00007.森は生きている-十二月-
00006.ある家族の会話
00005.馬車よ、ゆっくり走れ
00004.ロシアは今日も荒れ模様
00003.ビバーク
00002.PAPERSKY No.39
00001.ニューせんだいノート

  • […] 00018.博物誌 00017.作家の猫 00016.花の詩集 00015.アラスカ 永遠なる生命(いのち) 00014.旅をする木 00013.雪の絵本 00012.なぜ私はこの仕事を選んだのか 00011.わの会の眼 00010.歴博万華鏡 00009.魂のいちばんおいしいところ 00008.ことばの力 00007.森は生きている-十二月- 00006.ある家族の会話 00005.馬車よ、ゆっくり走れ 00004.ロシアは今日も荒れ模様 00003.ビバーク 00002.PAPERSKY No.39 00001.ニューせんだいノート […]

  • […] 00021.啄木のうた 00020.葉っぱ 00019.天体議会(プラネット・ブルー) 00018.博物誌 00017.作家の猫 00016.花の詩集 00015.アラスカ 永遠なる生命(いのち) […]

  • […] 00021.啄木のうた 00020.葉っぱ 00019.天体議会(プラネット・ブルー) 00018.博物誌 00017.作家の猫 00016.花の詩集 00015.アラスカ 永遠なる生命(いのち) […]

  • […] 00021.啄木のうた 00020.葉っぱ 00019.天体議会(プラネット・ブルー) 00018.博物誌 00017.作家の猫 00016.花の詩集 00015.アラスカ 永遠なる生命(いのち) […]

  • […] 00021.啄木のうた 00020.葉っぱ 00019.天体議会(プラネット・ブルー) 00018.博物誌 00017.作家の猫 00016.花の詩集 00015.アラスカ 永遠なる生命(いのち) […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)