toggle
2014-07-14

本読みの小旅行 00027.Spectator MOUNTAIN HIGH LIFE

00027

どこだかの本屋で初めて表紙を見たときに、内容も確認せずに表紙買いしたのが本書。
ともかく内容がぎっちり。みっしりと詰まっている。

「自然のなかでのさまざまな体験を通じて
人間本来の感覚を手に入れる生き方
それをマウンテンハイライフと呼ぼう
笑いながら野山を歩きたいキミに
この特集を送る」
(本文から抜粋)

購入してから長いこと積んだままにしておいたけれど、マウンテンハイライフ、いいではないか。
奥日光3泊4日の野宿旅、最新の(2006年当時)ギア選び、ボッカ(山小屋等に荷物を背負って届ける人)探しの旅、加藤則芳インタビュー、田渕義雄インタビューなどが載る。
(隙間ないほど詰め込まれた文字。こんなにギュウ詰めに書かれている雑誌を久しく見ていない)
(はたと気が付いてみると、百年文庫には野宿にまつわる本が多い気がする)

そんなわけ(?)で、マウンテンハイライフ。夏を目前に、山野に思いを馳せるのはいかがでしょう。
思いを馳せるだけでなく、触発されて山歩きに出掛けるのもおすすめ。

「Spectator 2006.Autumn&Winter Issue  MOUNTAIN HIGH LIFE」
<自然の懐>

00026.アラスカ 風のような物語
00025.ぼくはこうやって詩をかいてきた
00024.不滅の弔辞

00023.ニコニコ通信

00022.頭の打ちどころが悪かった熊の話
00021.啄木のうた
00020.葉っぱ

00019.天体議会(プラネット・ブルー)

00018.博物誌

00017.作家の猫

00016.花の詩集

00015.アラスカ 永遠なる生命(いのち)

00014.旅をする木
00013.雪の絵本

00012.なぜ私はこの仕事を選んだのか

00011.わの会の眼
00010.歴博万華鏡

00009.魂のいちばんおいしいところ
00008.ことばの力
00007.森は生きている-十二月-
00006.ある家族の会話
00005.馬車よ、ゆっくり走れ
00004.ロシアは今日も荒れ模様
00003.ビバーク
00002.PAPERSKY No.39
00001.ニューせんだいノート

  • […] 00030.coyote no.06 00029.PAPERSKY No.07 00028.Spectator 2008. Issue  VAGABONDING IN JAPAN 00027.Spectator 2006.Autumn&Winter Issue   00026.アラスカ 風のような物語 00025.ぼくはこうやって詩をかいてきた […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)