toggle
2015-10-08

三大トレイル達成記念!!

お帰りなさい!つぼいさん!!
みんなに笑顔で迎えられたのは、以前きたもっくで働いていらしたこの方!!
坪井なつきさんです。私はまだ直接お会いしたことがないのですが、噂によるとこの人すごいらしい!!

アメリカ・メイン州の大学に留学していた時、アパラチアン・トレイルのメイン州の区間を管理・整備しているNPOでインターンシップをしたのをきっかけに、自分が整備したトレイルを歩きたいと思うようになったそうです。その思いが強くなったのが2007~2008年頃。そして、2009年に一本目のアパタチアン・トレイルをあるき、2011年のパシフィック・クレスト・トレイルを制覇。2015年には、コンチネンタル・ディバイド・トレイルを歩き、見事、アメリカ三大トレイルを制覇し、無事日本に帰国したのです。

三大トレイルとは・・・
アパラチアン・トレイル
アメリカ東海岸をジョージア州からメイン州まで14の州を貫く約3500kmの最も人気のあるロングトレイル。高度はニューヨーク州のハドソンリバーの海水面の高さから、最も高いグレート・スモーキー・マウンテン国立公園の2024mにまで達する。雨が多く、アップダウンが厳しい。

パシフィック・クレスト・トレイル
西海岸の3つの州、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンをメキシコからカナダまでつなぐ約4250kmのトレイル。最も低いオレゴンのコロンビアリバーの海抜50mから、カリフォルニア、シエラネバダ山脈に位置するフォーレスターパスの4014mまで、はばひろい高度の変化が伴う。カリフォルニア南部の砂漠地帯やシエラネバダの高山地帯など、環境条件が特に厳しい。

コンチネンタル・ディバイド・トレイル
北米大陸の分水嶺「コンティネンタル・ディバイド」に沿ってメキシコ国境からカナダ国境までロッキー山脈を南北に貫く。未完成な為、選択するルートにより4100から5000kmとなる。トレイルはマークのない道路や、茂みの中など地図を読む技能が不可欠。自然環境は、コロラドから北の雪の多い地帯や、ニューメキシコの砂漠地帯など非常に変化に富んでいる。プロフィール

1981年生まれ。長野県出身。現在は長野県白馬村在住。2009年から2013年まで北軽井沢に住み、ルオムの森を運営する有限会社きたもっくの薪ストーブ事業部に所属。在職中の2011年にはアメリカ西部のパシフィック・クレスト・トレイルを踏破。2009年にアパラチアン・トレイル、2015年にはコンチネンタル・クレスト・トレイルを踏破し、アメリカ三大長距離トレイル全ての踏破「トリプル・クラウン」を達成。IMG_6463

今回は、その坪井さんがルオムの森でスライドショーを開いて下さることになりました!!

三大トレイル制覇記念 in Luomuの森

日程:10月31日(土)
開場    16:30
講演スタート17:00
終了    19:30
会場:ルオムの森 洋館1F
料金:¥500(ワンドリンク制)
電話予約制:定員50名(先着順)
ルオムの森 洋館  TEL 0279-84-1733
スライド3

お話上手の坪井さんが、トレイル中に撮影した素晴らしい写真や体験談をたくさん紹介して下さります。
みなさん、こんなチャンスは滅多にありません。必ず電話で予約をお忘れなきように!!是非、お出かけ下さい。