toggle
2016-01-16

冬の「百年文庫」へようこそ!

北軽井沢もこの時期らしい冷え込みとなってきました。
はじめまして、こんにちは!今月より、ルオムの森「百年文庫」の”書庫係”を務めることになりました、マツブックルです!
(松ぼっくりとブックと森の妖精コロボックルをかけてみました、、ちょっと苦しいですが、、、)

今、わたしは、ルオムの森の洋館の2階の部屋の一角でこのブログを書いています。
窓の外には、雑木林の木立。葉っぱがないので、その向こうに浅間隠し山方面の山並みの稜線がきれいに見えています。
手元には、「百年文庫」の棚から選んだ本と、一杯のおいしいコーヒー。
ストーブが焚かれた部屋は、足元までぽかぽかです。
あらためて、なんてすばらしく贅沢な空間なんでしょう!
お客さんとして来ていた頃にも感じていましたが、今こうして、この空間に滞在していると、北軽井沢にこんな素敵な場所があることを、もっともっとたくさんの人に知ってもらい、そして利用してもらいたいと心から思います。

すでに1500冊以上の魅力的な本が揃う「百年文庫」ですが、これからは、その本たちがより生き生きと、皆さんの手に取ってもらえるように、少しずつ手を加えていきたいと考えています。
リピーターの方も、初めてなんだけどどんなところなのかな、、という方も、どうぞ覗きにいらしてください!
特にこの冬の静かな時期は、読書に書きものにぴったり。春以降は忙しくなる地元の方にもどんどん利用していただきたいです。

今日はさっそく、2階階段ホールに、「季節のおすすめ本」棚をつくってみました。
冬ごもりの季節に開きたくなる暖かな本。寒い今だからこそ読みたい冬の本など。
どうぞこの棚からも自由に手に取ってごらんください!

今後は、お休み中だった本の紹介ブログ「本読みの小旅行」も復活させていきます。
お楽しみに!!

 

IMG_4510

IMG_4516